ウラシゲ Komaneka Tanggayuda 3 コマネカ・タンガユダ
FC2ブログ

ウラシゲ

スタンドの油だらけの壁と同じくらい黄昏た街、 僕は何度も呟いた 「本当は何もかも違う」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Komaneka Tanggayuda 3 コマネカ・タンガユダ

IMG_1342-1.jpg

ベッドルーム後方に設えた化粧台です。
洗面台正面には化粧鏡、左右に片開きの窓。
更にその上部にはFIX窓。
図面で描けても実際に施工となると取り付けは結構、難しい。


画像に左側はベッドルームの窓。
洗面所の窓と高さやガラスの質を
揃えている。
こうすることで外観が一体に見えるのだ。

木製で建具屋さんがこしらえるからこのような
綺麗な納まりが出来るのだが、
日本でアルミサッシュを使って造るとなると
相当な金額になってしまいます。

いつも悩みの種ですが、この位綺麗に納めたいものです。














IMG_1363-1.jpg

ペットボトルではなく、瓶のミネラルウォーターが常備してあるのが
このホテルのこだわりのようです。
瓶もそのままではなく外側に籐のカバーが。

洗面台、背面にあるクローゼット内には
虫除けスプレーと虫駆除スプレーが用意されてましたが
缶は丁寧に同色のテープで巻いてあり、カバーが
されておりました。

手に触れるところへのこだわりが伺えます。













IMG_1366-1.jpg

専用ケースの中は化粧備品が並びます。














IMG_1346-1.jpg

洗面化粧室を抜けるとそこがバスルームです。
屋根がある屋外空間で開放的。

バスタブは石をくり貫いて造った力作です。

バリのバスタブは大理石など比較的明るい色のものを
好んで使いますが、こちらはどちらかというと日本の旅館の
ような重厚感をかもし出していました。














IMG_1472-1.jpg

夜になり、照明やキャンドルに火を灯すと
その柔らかなひかりでまた印象が変わります。














IMG_1502-1.jpg

ベットの上に飾ってあった花びらを浮かべて楽しみましょう。





池では蛙先生も鳴き出しました。。。。。





野趣満点です。。。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/03(水) 09:05:09|
  2. バリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Komaneka Tanggayuda 4 コマネカ・タンガユダ | ホーム | Komaneka Tanggayuda 2 コマネカ・タンガユダ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urashige.blog29.fc2.com/tb.php/450-05077941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。