ウラシゲ 自転車
FC2ブログ

ウラシゲ

スタンドの油だらけの壁と同じくらい黄昏た街、 僕は何度も呟いた 「本当は何もかも違う」

南アルプススーパー林道

1021-1.jpg

紅葉が見たくなってマイカー規制で徒歩と自転車でしか
行けない道を進みました。
しかし、そこはダンプカー銀座だったのです。 [南アルプススーパー林道]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2006/10/21(土) 18:24:40|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

KHS

0816KHS1.jpg

暫く乗っていたMTBからフォールティングバイクに替えた。
[KHS]の続きを読む
  1. 2006/08/16(水) 07:53:39|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツアーオブジャパン2006

20060519161652.jpg

自転車ロードレースの祭典、ツアー・オブ・ジャパン
今年も日本の各所で熱い戦いが繰り広げられている。
朝一番で仕事を片付けて一路、富士山須走へ。
そう、きょうは標高差1,200mの富士山ステージ。 [ツアーオブジャパン2006]の続きを読む
  1. 2006/05/19(金) 16:18:59|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疾風のごとく??

20051021164531.jpg


紅葉が見たくて林道を走り、ハイキングコースを駆け上がり
熊注意の看板を見ぬふりをしてやってきました夜叉神峠。
しかし紅葉にはちょっと早かったようです。南アルプスの
紅葉はいつもタイミング悪く二連敗中。
  1. 2005/10/21(金) 16:38:43|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツアーオブジャパン

20051013191054.jpg


「精神力のいう名のターボ」というキャッチフレーズに誘われて
観てきました。ツアーオブジャパン場所は6thステージの富士山。
五合目までの激坂のタイムトライアル。
私は去年登ったのでプロはどのようにして攻略するのかをこの目で確かめたく
ゴールで観戦をしておりました。
気温7度の寒い中、汗だくになりながら登ってくる選手に応援の声が上がります。

見所は目下、個人総合1位の「山岳王」カルデス(バルロワールド)
がどの様な走りを魅せるか!
ブエルタ・エスパーニャで二年連続のタイトルホルダーは伊達ではないとのこと。

山道は平坦に比べ力の差がハッキリと出ます。
速い選手は勾配のきついインコースをガンガン攻めタイムを縮めます。
結局、ガルデスは明日のステージに余力を残した2位でした。
レース後、逢いに行くとその小柄なサイズにビックリ。
この体の何処にエネルギーが隠れているのだろうと。。。。

そして握手してまたビックリ!
大きな手と握りの強さに王者の貫禄を感じました。

大満足の一日「ムチャ グラシアス!」
  1. 2005/05/20(金) 19:11:22|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドベンチャーレース

アドベンチャーレースの国際大会のテレビを観た。
男子3~4人で女性1人をサポートしながら勝利に導くルールだ。
マラソンに始まり、滑車につかまった滑降競技、カヌー、自転車、岩山登りと
人間の耐力の極限での戦いだ。日本人はこの日の為に国内では敵同士が
集まった精鋭部隊で望んだ。
5位以内を目指したそうだが、メンバーの相次ぐ負傷で12位に終わった。
どちらにせよ成し終えたあとの達成感はものすごく本当に真っ白な気持ちに
なるのだろうなと思った。
  1. 2004/11/22(月) 19:31:43|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山道

残暑厳しくなりました。しばらく雨だったので今日はMTBに乗り
山道をガッチリ登りました。
「ペダルを踏んでいる時は仕事を忘れ無心になれます」と
かっこよく言いたいところですが本心は
「つらいな~、ひきかえそうかなぁ~」と100回ほど唱えてます。
でもしつこく唱えていると不思議と魔法が効きくようで
知らぬ間にゴール地点へ着いているのです。
沢の水を浴び天然水を飲み服を着替えて
一路下ります。
「なんでこんなことをやっているのだろう?」と思うのですが
私にとってはこれが心のよりどころなのかも知れません。
  1. 2003/08/22(金) 18:59:16|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根

気持ちよい季節になったので空いた時間を利用してマウンテンバイクで動きまわっています。
箱根の外輪山が近いので自宅から大きな川沿いを上流に向かい、そこから山道に進みます。マウンテンバイクは未舗装路を走る目的なのでアスファルトの上では「ダラララララー」と重い音をたてて走ります。あまり心地よくないですが。
ということで途中からは林道に入ります。
私は下り坂を楽しむのが目的なので出来るだけ標高の高いところまで
上ります。長い下りで自転車を操る感覚を楽しむのです。
このところはハイキングコースを好んで行きます。
ハイカーのお邪魔になってもいけないので遥か手前から降車して
脇で小さくなっています。
道がだんだん狭くなったり、途切れたりすると自分の危機回避能力が問われます。もう進むしかないですが。
熊が出そうな場所でもあるのでソロで走っていると不思議な気持ちになります。
1/2500の地図をマーカーで埋め尽くしてみようかな?なんて夜な夜なもくろんでおりますが、さあどうなることやら。
  1. 2003/05/09(金) 18:49:42|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0